【タバコで新型コロナウィルスに感染する】

【タバコで新型コロナウィルスに感染する】
今回は、タバコを吸うと、吸った後の2時間は免疫力がさがるお話しです。
免疫力が弱まっていると、新型コロナウィルスやインフルエンザなどのウイルスに感染する確率が増加します。
免疫力は、ウイルスや細菌、異物などから自分の体を守る抵抗力のことをいいます。
しかし、タバコを吸うことで、免疫力は低下します。

タバコを1本吸うことで、血管が細くなり、血流を悪くします(これは1本吸う毎に2時間続きます)
血管が細くなってしまったことで、白血球がウィルスを見つけるための道(血管)が細くなり、ウィルスを探してやっつけるまでに、
時間がかかるようになります。

これは道路が渋滞して、救急車が病院にたどりつくまでに時間がかかることと同じです。

体温を上昇させることで、体内に入り込んだウイルスを排除するが、低体温だと上がらないため、
風邪など引きやすくなったり治りにくくなります。

体温が1℃下がると、ウィルスをやっつけてくれる白血球の働きが30%以上下がります。
体温が1℃上がると、体温が上がってる間、免疫力は5~6倍上がります。
たばこを吸うことで、人によりますが、体温は約3度下がります。
ということは、免疫力をやっつけてくれる白血球の働きが90%位さがります。
ほぼ、白血球は働かなくなる、というわけです。

このタバコを吸った後の2時間、がこの状態になります。
禁煙開始20分で体はダメージからの回復を始めています。完全に喫煙前の免疫力にもどるまで、約2時間かかります。
これがタバコ1本吸ったことで起こっています。たばこを2本、3本、そして、ほぼいつも吸っている、という方は、
常に、死と隣り合わせと言っても過言ではない。タバコを吸った後、人混みに入ればほぼ確実に何かのウィルスに
感染するということです。

免疫力が低下すると・・・
新型コロナウィルスやインフルエンザにかかりやすくなったり治りにくかったりします。
高齢者が新型コロナウィルスで死亡してしまうのは、免疫力が弱いからです。
タバコは、自分で自分の免疫力を下げて死亡してしまう確率を上げます。
今回のこの新型コロナウィルスをきっかけにして、たばこをやめることに挑戦してみてはいかがでしょうか。
ヤバイと思ったらこの一杯・・https://a.r10.to/hb7dYl