【ベトナム旅行に行ったら絶対食べてほしい米料理5選・お粥】

【ベトナム旅行に行ったら絶対食べてほしい米料理5選・お粥】

いつも当店のブログを御覧頂きましてありがとうございます。
今回は、絶対にたべてほしい米料理5選は、お粥です。

日本国内でもお粥専門店はありますが、ベトナムでもお粥の専門レストランがあるくらい、お粥はベトナム人にとっては大切な食文化の一つです。
ベトナムの夜は活動的な人々が多く、とてもにぎわっています。そんなにぎわいの中で、夜に食べる美味しい料理はやっぱり欠かせません。ベトナムの『夜食の定番』と言ったら、やはり、ブンチャーや春雨、そして、お粥ではないでしょうか。
ベトナムのお粥は、ただ水で作るのではなく、水の代わりにスープを使っているので、とても濃厚な味わいです。
豚や鶏肉のだしに、しょうがを加えたスープが一般的です。具材のバリエーションが豊富で、メインの具材は豚肉や鶏肉の他に、鴨肉、ホルモン、緑豆、かぼちゃなどです。そこにパクチーやフライドオニオン、ねぎなどをトッピングして食べます。

想像してみてください。真夏、暑いベトナムで、汗をかきながらかむ姿を・・。もう、たまりません。
ベトナムのお粥専門店には必ず決まって、テーブルの上には酢醤油のような、ベトナム独特の調味料が置いてあります。
これをスプーン一杯分だけ入れて食べみてください。味がガラッと変わります。また、辛いのがお好きな方は、辛い調味料もテーブルに置いてあります。
出されたお粥は、お好みの味に変えて食べるのがベトナム流なんです。
ベトナム語でお粥は、CHAO、チャオといいます。看板にも、『CHAO』ってかいてあります。
チャオ専門店は、ベトナムで容易に探すことができるんです。
それは、病院の近くに専門店が集中しているからです。だいたい想像できますね。ニーズがそこにある、というわけですね。
また、これは当たり前ですが大抵の飲食店では日本語は通じません。なので、メニューを注文する時には、メニュー表を指して、
『これっ、これっ!』といえば、大抵通じます。専門店のおばちゃん風な方が、『わかったよっ、ちょっと待ってな。』と、
言う感じて対応してくれます。
ベトナムに行ったら、ぜひお粥を食べてみてください。栄養バランスもとても考えられています。おすすめは、ハノイのベトナム北部で食べるチャオ料理は最高です!たまりません!一人前、約200円で食べられます。