【マスク無料配布】ベトナム屋台料理PHANPHO(ファンフォー)®@鶴ヶ島市役所

【マスク無料配布】ベトナム屋台料理PHANPHO(ファンフォー)®@鶴ヶ島
当店は、鶴ヶ島市にマスク1万枚を寄付して参りました。
画像右側に写っておられるのが、鶴ヶ島市長の齊藤芳久様です。
このマスクは、お子様、ご老人を優先に使われるそうです。
このマスクは、私達が普段お世話になっている、ベトナムのお坊さんから頂いたものです。
もともと、弊社代表は、そのお坊さんとの面識はありません。
では、なぜこのように大量のマスクを頂けることになったのか。
わたしたちは、このお坊さんに普段からボランティア活動をしておりました。
その活動の中で数々の信頼を得た結果だと思います。
私達が、マスクがないと困っていることをお坊さんに知らせました。
お坊さんもベトナムでマスクがない人々へ1日中街頭に立ち、一枚一枚マスクを配っておられました。
そのお坊さんは、私達の困っている様子を心配されて、私達に2万5千枚を寄付してくれる事になったのです。
ですが、この2万5千枚のマスク。ベトナムから日本へ運ぶことがなかなかできないのです。
まず、ベトナム側が許可を出しません。マスク転売の恐れがある、そしてなぜ他国のためにこんなに大量のマスクを送るのですか。
ということでした。
この大きな2つの問題をお坊さんが話して頂き、やっとの思いで解決致しました。いよいよベトナムから持ち出す準備が整いました。
ですが、ここでまた大きな問題が発生。
ベトナムの税関はお坊さんがついてくれるので通過できますが、日本の税関はそうはいきません。
ここで、数日間延期されてしまいました。
そこで、鶴ヶ島市長様、ならびに鶴ヶ島市保健センターの皆様のお力を借りる事となりました。
東京税関 成田税関支署長様宛に、マスクの寄付受入についての許可を頂くため、
マスク受入許可の申請を致しました。
ご協力頂きました、鶴ヶ島市長 斎藤様、ならびに鶴ヶ島市保健センターの皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。
お陰様で無事に許可がおり、ベトナムからマスク2万5千枚が送られてくる事になったのですが、
残念なことに、枚数制限が出てしまい、1万4千枚のみとなってしまいました。
残りの約1万枚ですが、現在のところは許可がおりないという状況です。
残念ではございますが仕方がありません。以上でございます。