【免疫力がとても低いイタリア人】第2話

【免疫力がとても低いイタリア人】第2話
みなさま、おはようございます。
本日は違った観点で、イタリア人の免疫力についてお話し致します。

甘いものって、時々無償に食べたくなりますよね?砂糖をとると、脳の快感中枢が刺激されてエンドルフィンという物質が分泌されます。エンドルフィンは多幸感をもたらすと考えられている、別名、脳内麻薬とも言われています。砂糖は免疫機能を下げる。
例えば、砂糖を100グラム摂取すると、白血球の効力が40%落ちる、という研究データがあります。
砂糖100グラムってどのくらいだと思いますか?画像をご覧ください。このくらいです。
一度に100グラムを摂るって大変ですが、私達はいろいろな加工食品を食べていますね。ほぼすべての食品に入っています。
また、松屋、吉野家、マクドナルド、スターバックス、で食事をとれば、100グラムなんてアッという間です。決してお店が悪いわけではなく、私たちは食事方法を選べる訳ですから、砂糖をとらずに済む方法を考えるべきなのです。
私達は、いつも砂糖100グラムなんて容易に摂取する環境で生活しているのです、これを常に考えるべきです。
世の中には免疫力を下げてしまう事はたくさんあります。生活習慣、睡眠不足、たばこ、冷え性などいろいろあります。
砂糖だけを話題として取り上げても、免疫力が40%も下がるんです。例えばこれに冷え性などで体温が1度下がると合計で免疫力が70%も下がります。この時、非常に感染しやすくなります。
また、ファーストフードで日頃の食事を摂っていると危険です。毎日砂糖100グラム以上を食べている可能性が高いです。
そして、毎日免疫力を40%以上さげて生活している。そこにタバコ、ストレス、睡眠不足が重なった時に、新型コロナウィルスに
感染しやすくなる。なぜ、情報番組、報道番組で、ファーストフードが危険、砂糖が危険、たばこが危険、という情報を放送しないのか。私達は、テレビのニュースを本当の真実と捉えます。
テレビ局やラジオ局などの放送会社は、多くのお客様がファーストフード、砂糖、たばこ等を扱っている会社が多いからです。
少しでも、ファーストフードや砂糖、たばこの悪口をいうものなら、たちまち放送会社のお客様はいなくなり、放送会社は利益がなくなり、倒産してしまう。
それを避けるために、・・・つづく