【加工食品で身体をダメにする】

【加工食品で身体をダメにする】
今回の更新は、とくに重要です。

新型コロナウィルス感染予防に必要な栄養素について申し上げます。
今回も短くまとめることができなかったので、3部にわけて配信して参ります。
本日は、第1話。

感染予防には、ビタミンB1と亜鉛が特に大切。
みなさま普段、お食事をコンビニのお弁当、冷凍食品、スーパーのお惣菜売り場のお弁当で済ませていませんか?
そして、どのくらいの頻度でそのお弁当などを食べていらっしゃいますか?
これらの食品は、俗に言う『加工食品』と呼ばれているものです。

結果から申しますと、このような加工食品はビタミンB1と亜鉛の低下につながります。
重要なのは、この亜鉛です。
この亜鉛が低下すると免疫力がガタ落ちします。

加工食品をもっと細かく見ていくと、冷凍食品、インスタントカップラーメンやインスタントお味噌汁、インスタントスープ、
お菓子全般、加工野菜、お惣菜、回転寿司、ファーストフード、ファミリーレストラン、などなど・・・。

要は、私達の身の回りには加工食品だらけ、ということ。
そして、私達は加工食品で身体が作られている、そしてこれからも加工食品で作り続けようとしている。

今どき、自炊なんてやってられないよ。なんていうお気持ちはよくわかります。
ですが、食事の基本は自炊です。
添加物、保存料に頼らない、安全で栄養価の高い食事が得られる、これが自炊の最大のメリットです。
加工食品を食べ続けているということは、すでに免疫力が落ちて落ちすぎているということ。
あなたの身体は、少しのウィルスにも感染してしまうということ。
だから、あなたも感染してしまう、菌をもらいやすい、免疫細胞は、弱ってしまう。
そして、なぜ、加工食品がよくないのか、それは、本来食事からとれる栄養素、ビタミンやミネラル、食物繊維などがかなり失われているということです。
加工食品、つまり日頃コンビニのお弁当などを食べ続けていると、必然的に失わる栄養素があります。毎回こんなお弁当生活で生活している方は、免疫力ゼロに限りなく近いです。人間は日頃ガン細胞が発生していますが、免疫細胞によってこのガン細胞をやっつけています。でも免疫力ゼロのあなたは、ガン細胞に抵抗できずに、やられてしまいます。

加工食品は、人間の身体にとって・・つづく