【店内、次亜塩素酸水で殺菌】

【店内、次亜塩素酸水で殺菌】
相変わらず猛威を奮っている新型コロナウィルスですが、
当店では、毎日、店内全体を次亜塩素酸水にて、殺菌消毒をはじめました。
最近では、消毒液を入手することすら困難な中、やっとのことで仕入れることができました。
殺菌箇所は、空気中はもちろんのこと、テーブル、椅子、トイレやドアノブ、ハシやフォーク、調味料の入れ物、
お客様が手をふれるところはもちろんも、調理器具等すべて殺菌消毒して参ります。
お客様が安心、安全にお食事ができるよう努めて参ります。
次亜塩素酸水とは、下記サイトからの引用です。
次亜塩素酸水 – 厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002wy32-att/2r9852000002wybg.pdf
【各種微生物についての殺菌効果】
培養した大腸菌、黄色ブドウ球菌、MRSA、サルモネラ菌、緑膿菌、レンサ
球菌、枯草菌、カンジダ、黒コウジカビの各種微生物を、微酸性次亜塩素酸
水(pH5.2、有効塩素濃度 57mg/kg)に添加し、経時的に生菌数を測定し、殺
菌効果を検討したところ、枯草菌以外の微生物に関しては、1分でほとんどが
死滅した。枯草菌については、接触 3 分後にほとんどが死滅した。
一般消毒剤・殺菌剤の塩化ベンザルコニウム 0.05%(500 mg/kg)、次亜塩
素酸ナトリウム 200 mg/kg※
※ 本報告書において、次亜塩素酸ナトリウム 200mg/kg や次亜塩素酸ナトリウム(200
mg/kg)などと示した場合は、当該次亜塩素酸ナトリウムが、有効塩素として 200 mg/kg
含有していることを示す。
と比較した場合、有芽胞菌である枯草菌では 5分の殺菌時間で殺菌効果が得られたものは微酸性次亜塩素酸水のみであり、
黒コウジカビの殺菌においても塩化ベンザルコニウム及び次亜塩素酸ナトリウム
と比較して効果的な殺菌効果を示している。
微酸性次亜塩素酸水では、これまで一般的に使用されていた次亜塩素酸ナト
リウムの半分以下の有効塩素濃度で有芽胞菌に対し同等以上の殺菌効果が得
られた。
とのことで、アルコール殺菌剤では殺菌できない菌に関してもかなりの有効性能を
持っており、アルコール殺菌剤の約80倍の殺菌力があると言われています。
人体には無害です。