【新型コロナウイルス・満員電車で感染しないために・たばこ編】

【新型コロナウイルス・満員電車で感染しないために・たばこ編】
みなさま、こんにちわ。
本日は、たばこについてさらにお伝えします。
たまごは、以前にも申し上げたとおり、新型コロナウイルス感染リスクを大幅に上げます。
今日、わたしはたばこを60分の間に、吸い続けている60代の男性をみかけました。
世間が騒がれている中で、よくこんなにたばこを吸い続けることができるなぁ、と関心して観察していました。
おそらく1本吸うのに、3分位。1時間くらい常に吸い続けていたので、本数にすると、60本くらいは、吸っていました。
しかも、車の中で。
見ているだけで恐ろしくなりました。
たばこを1本吸うだけで、その後2時間くらいは急激な免疫力の低下に襲われます。
常に吸うことで、永遠と免疫力は低下し続けます。
また、一度ダメージを受けた肺は、元の健康な状態にもどるまで男性は、約20年、女性の場合は約10年かかります。
なので、1度たばこを吸うことで肺が完全に元の健康な状態にもどるまでの数十年の間は、たばこを吸わない人より、新型コロナウイルスに感染する確率が高い状態と言えます。
また、たばこの厄介なところは、吸わない人も巻き込んでしまうことです。たばこを吸った人の近くにいることで、吸った人の空気を吸い込んでしまうことで、たばこを吸わない人が、吸った人と同様に肺にダメージを受けます。
できることなら、たばこを吸っている人とは、距離をおいた方が無難です。
また、同じ環境で生活している、また家族にたばこを吸う人がいる。できれば喫煙者を隔離することが理想です。
それほどまでにたばこの影響力は大きなものです。
今、問題になっている受動喫煙がまさにこれです。吸わない人が、吸っている人になる。もしたばこを吸わない子供が同じ空気を吸っただけで、そのこどもの肺は、免疫力は高いが肺がかなりのダメージ受け新型コロナウイルスに感染する、また、胎児にいたっては、お母さんのお腹にいるときから影響を受け、生まれてすぐに感染リスクが高い状態となります。
満員電車に乗っていると、だれがたばこを吸っているのか、全くわかりません。
たばこを吸わないあなたが、吸った方が呼吸した空気を吸うことで、喫煙者の肺と同じようにダメージ受けます。
できれば、満員電車には乗らない、または時間差で通勤する。タクシーに変える。
明日に続く・・