【発酵食品が免疫力をあげる(ベトナム屋台料理 PHAN PHO (ファン フォー)鶴ヶ島・川越)】

【発酵食品が免疫力をあげる(ベトナム屋台料理 PHAN PHO (ファン フォー)鶴ヶ島・川越)】
みなさま、こんにちは。
今回は、発酵食品の免疫力についてのお話しです。現在日本には、醸造酢、味噌、みりん、醤油、米酢、納豆、キムチ、イカの塩辛、鰹節、ぬか漬け、日本酒、ビール、チーズ、ヨーグルト、キムチなどの発酵食品があります。日本の伝統食はもちろん、世界の発酵食もとりいれて、数多くの発酵食品が食卓に登場している日本は、まさに発酵大国。世界から見てこれだけ多くの発酵食品があるのは珍しいとのこと。
でも、ベトナムでも日本に負けないくらい数多くの発酵食品が存在しているのをご存知でしたか?そして私達と同じように、ベトナム人も、ほぼ毎日のように発酵食品を取り入れています。
発酵食品は、免疫力をあげる力を持っています。それは発酵食品に含まれる微生物(菌)を摂り、併せて善玉菌のエサとなる「水溶性食物繊維」も摂取することで、善玉菌が育ち、そして腸活の効果が期待できます。便秘解消にも繋がり、体の代謝を上げる効果もあり、腸内環境が整ってくる働き・性質があります。また、食材を発酵することにより、栄養価が高くなるだけでなく、消化吸収しやすくしているのです。
日本人やベトナム人に新型コロナウイルス感染者が少ないのは、これらの要因に多く占められています。
人間の腸管は最大の免疫器官であり、全身の約60~70%の免疫細胞が存在するといわれています。なので腸内環境を整えることは、免疫力を高めることとなるのです。しかし腸内環境が悪くなると、便秘が続いたりニキビなどが出てしまいます。毎日の食事には気を使い、バランスよく発酵食品を取り入れ、腸内環境を整えることが免疫力を高める秘訣なのです。
ですが、何事もそうだと思いますが、いくら発酵食品が体にいいからといっても、摂りすぎは良くありません。それは漬物や塩辛などのように塩分量が多いものが数多くあるためです。
そして、百薬の長と言われるお酒も、飲みすぎは肝臓に負担をかけます。大切なことは毎日の食事にバランスよく発酵食品を取り入れて、日本人の体にあった和食中心の食生活を心がけることです。
本日は、単行本のご紹介
これであなたも腸内美人になれる!コロナに負けるな!!
https://amzn.to/34ChnxH
https://amzn.to/2wKo84g