【白米は身体をダメにする】

【白米は身体をダメにする】
皆さま、おはようございます。
私が食事と健康の話をしていると、「白米は食べすぎなければ大丈夫だよね?」と聞かれます。
わたしたち、日本人は「食べすぎなければ大丈夫」という程々にすれば大丈夫などという、しなければ大丈夫的な傾向があります。
残念ながら、大好きな白米は「少量でも体に悪い」です。
さまざまな研究結果を見ても白米の摂取量が少なければ少ないほど病気のリスクが低いことが報告されているのです。
残念ながら、わたしたち日本人は、白米が主食という固定概念があります。
実は、人間の主食が白米である必要性は全くないのです。
白米の代わりに、玄米を主食する、または生野菜を主食にする。または、白米をどうしても食べたいなら、白米を食べることで、血糖値の上昇を同時に抑えてくれるネバネバ食品、納豆、オクラ、生卵、お酢、を必ず同一の食事内で摂ることではじめて白米が安全に食べられる。
さて、みなさま、お気づきですか??
お酢・・・
そうなんです、お寿司です!
お寿司は、白米を使っているのにも関わらず、血糖値の上昇を抑える食品なんです。すなわち角砂糖数十個分も摂らないで済む、ということです。
お酢には、食後の血糖値上昇を緩やかにするお酢の働きが証明されているのです。
白米が食べたいときには、お寿司、酢飯などが、おすすめです。
ちなみにですが、さらに血糖値の上昇を抑えるには、お寿司を食べる前に、お腹が温まる程度のアッツアツのお茶を飲みましょう。
そうすることでも、血糖値の上昇を緩やかにする効果が増幅するという研究データがあるのです。
なぜ、寿司店にアッツアツのお茶が用意されているのか、このような効果があるので、お客様にリピートして頂くための
隠れた戦略です。例えば、お寿司を食べに言ったら、太った・・・
なんていうツイートなどが広まった途端、どうなりますか??
日本中のお寿司が避難されますよね??
これを予防するために、日本中の寿司店には必ずアッツアツのお茶が用意されているのです。
これを踏まえた上で改めてお寿司を食べにいきませんか??
寿司店は、皆様の健康を考えていると同時に自社の戦略も考えているのです。お互いにウィンウィンの関係なのです。
本日は、このへんで終わりにします。
わたしがおすすめする煎茶がこちら・・・https://a.r10.to/hbVisK