実は、ベトナム料理のフォーはダイエット向きなんです

ダイエットできるフォーのからくりを書きます。
フォーを食べるときには多くのハーブを使ったりしますよね。香りが苦手という方もいますが、ハーブには抗酸化作用があったり、炎症を抑えたり、肌が若返ったり、美容効果があるものなどが多くの効果を期待できるのです。ハーブで便通が良くなったという報告もあるのでダイエット効果も期待できます。米粉で作るフォーには栄養がありますが、それと共に食べるトッピングした野菜などからも多くの栄養を取れるのです。
実は、フォーのGI値って低めなんです。GI値とは(グリセミック・インデックス)の略で食後血糖値の急上昇度を表しています。この値が低いと血糖値の急上昇が抑えられてインスリンの大量分泌を抑えることができます。それにより、インスリンの分泌による体脂肪の蓄積を防ぐことができるのです。同じ炭水化物を含む食品を食べていても、つまり、GI値によって太りやすさが変わってくるということです。そこでフォーのGI値は51とされています。ほかの炭水化物は白米で76、食パン65、パスタ65、うどん62となっています。ラーメンはトッピングがさまざまなので、一般的な標準的なラーメンで60です。これにコテコテスープやトッピングで65~80になります。なので、ほかの炭水化物に比べてベトナム料理のフォーはGI値が低いことが分かります。つまりほかの炭水化物と比べて太りにくくダイエット効果が期待できるということです。