新型コロナウィルス撃退方法

【新型コロナウィルス撃退方法】
すでにコロナウィルスは、私達の日常まで、浸透してきましたが、
みなさまは、新型コロナウィルスやインフルエンザ、O-157、ノロウィルス対策をどのような方法で、対策していますか?
本日は、すでにアルコールでは殺菌できない、次亜塩素酸水におけるウィルス撃退法についてご説明して参ります。
次亜塩素酸水には大きく3つの特徴がある。

まず大きなメリットとして付着した、または接したウイルス・菌を数秒から数分で死滅させます。
新型インフルエンザウイルスやノロウイルス、O-157はもとよりボツリヌス菌・ウェルシュ菌などの枯草菌(こそうきん)まで、菌種を選ばず不活化することが可能であり、次亜塩素酸ナトリウム水の80倍の除菌力がある。残念ながら現在では、SARS、MARS、新型コロナウイルスをも不活性化、死滅させる研究が確かなものとされていないのですが、データ上では死滅すると予測されていて、さらに歯周病予防、口内殺菌、虫歯予防などの効果もあることから、食品添加物としての利用が可能なのです。
また、アンモニア、トリメチルアミン、硫化水素、メルカプタン類、たばこの臭いなども酸化分解(消臭)が可能となっています。
人体、環境にも安全で、次亜塩素酸水は食品添加物として、厚生労働省から認可されていて、人体に安全、加湿器などで噴霧して使うことも可能なのです。
噴霧することで、部屋の除菌や消臭ができ、空気中に漂うウイルス・菌を不活化する。また、その殺菌性の高さゆえに、加湿器内での雑菌繁殖を抑制することができるため、従来の加湿器によって汚染微生物が室内に飛散することで引き起こされるアレルギー性の呼吸疾患(加湿器肺)の原因を抑えることも可能でなのです。
また、大学の研究や病院での実験などでも安全性は証明されていて、病院や消防では、隊員や他の患者への二次感染を防止するため、弱次亜塩素酸水が導入されています。
新型コロナウィルス SARS MARS インフルエンザ ノロウィルス 対策 に効果発揮!次亜塩素酸水を霧状にして直接空間に放出し除菌消臭! 花粉症 ダニアレルギー O157 ペット消臭対策に
超温補加湿器のご紹介です。
品切れが予想されていますので、お買い求めはお早めに。→https://a.r10.to/hDEkbw