当店デリバリーサービスで、おみくじが引けます。

今、鶴ヶ島 / 川越でアジアン料理が熱い!! 鶴ヶ島駅近ベトナム料理店 ファンフォーで話題のアジアン料理をいち早く取り入れよう! 8月25日よりベトナム屋台料理 出前館出店オープン致します!! 午前10時から午後8時までのご注文が可能となりますので、皆さまからのご注文お待ちしております。 UberEats(ウーバーイーツ)20時までご注文承り中!!ベトナム料理でコロナとさよなら!! 現代ベトナム屋台料理界の頂点!@霞ヶ関駅/鶴ヶ島駅/川越駅/坂戸駅/わかば駅/北坂戸駅/日高/東松山/入間/アジアン/ベトナム屋台料理 ファンフォーです。

いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

明日の9月6日より、午後5時以降のご注文から当店のメニューウーバーイーツでご注文のお客様におみくじが引けます。

これは、金額にかかわらず一回のご注文に対して一つのおみくじをつけております。

すべてのお客様の商品の中に同封致します。おみくじは無料とさせて頂きました。

みなさまの運試しにどうぞご利用頂ければ幸いです。

 

それから、

初詣や旅行先で引いたおみくじをどうしていますか? 神様からいただいた大切なおみくじを簡単に捨ててしまうのは… と躊躇する人も多いのではないでしょうか。今回はそんな「おみくじの返し方」についてです。

 

①おみくじを引いた後に枝に結ぶ

おみくじを引いて、すぐに枝や所定の所に結ぶというのも一つの方法です。また、返納する時は、「ありがとうございました」と感謝の気持ちを持って結んでみてください。ただ、一度持ち帰った場合は、木に結ばずにきちんと神社に納めた方がよいでしょぅ。

②持ち帰ったおみくじをどんと焼きで処分して頂く

大抵の神社には、「どんと焼き」という行事がございます。つまり、使わなくなった道具や物などに感謝を込めて燃やすという、いわゆる「お焚き上げ」と一般的に言われていますが、特にお正月のしめ縄や松飾をお焚き上げする行事を「どんと焼き」と呼びます。多くの場合は、小正月が終わる1月15日に行われますので、どんと焼きに古いおみくじを持参して燃やすことも良い処分方法の一つと言えますね。

③持ち帰ったおみくじを他の神社に納める

ご自宅から遠くの神社でおみくじを引いたため、なかなか返しに行けないおみくじもあるかと思います。その場合には、実は他の神社に納めても構いません。たとえ系統が違っても同じ神様の一員なので、どこの神様に祈願したかをしっかりと伝えれば感謝の心はきちんと伝わります。地元の神社に返した後は、その神社できちんとお参りをするように心がけましょう。

④保管していたおみくじを神社の許可を得て郵送する

思い入れのある神社があって、おみくじを引いた遠方の神社やお寺にどうしても返納したい場合もあるかと思います。実は郵送で返納するという方法もあるんです。ただ全ての神社にこれがあてはまるかどうかは不明なので、郵送の際には、その神社に聞いてみるとよいでしょう。

⑤自宅で感謝の気持ちを伝えてから一般ゴミとして処分する

自宅でゴミとして捨てるのは、なるべく避けた方がよいものです。できることなら神社に返納するようにしましょう。ただやむを得ず自宅で処分する場合には、簡単にゴミ箱などに捨ててしまうのではなく、ビニール袋などに入れ粗塩を添えて捨てましょう。きちんとお礼をして神様に敬意を払うことが大切です。